最近、半年かけて世界一周する旅行を妻と計画し始めた。とはいっても結婚する前からそれに近い話は出ていたので正確には4年以上前からなのだが。

出発は約1年後の2018年9月を予定している。しかし、ペットの犬と猫の世話を親が引き受けてくれるか分からないため、もしかしたら、頓挫するかもしれない。

それでも、まるで結婚式に向けて2人で準備しているようなこの期間は楽しい。互いの要望が通らずイライラすることもあるが、譲り合って2人の間に着地点が決まる瞬間、僕たちは互いのくるぶしを紐で結び、2人3脚であることを感じる。4年前の結婚式を準備していた頃によく似ている。式のあとは達成感があったように、今回も必ず僕たちを成長へと向かわせてくれるはずなので、これは頓挫しても無駄な時間ではないのだ。

何故旅をしたいのか。そんなことを職場で聞かれてうまく答えられなかったが、それは人間だから色んな文化に触れて、壮大な自然を眺めたりしたくなるわけで、街なら横浜、海なら湘南、山なら丹沢という神奈川生活から抜け出したくもなるのだ。アイスランドとかアフリカ、南米といった遠方にだって時間の余裕をもって行きたい。

そう、時間の余裕。単純に妻とゆっくりとした生活を送りたい。最近、旅人の間で話題となっているairbnb(通称:エアビー)を利用して、民泊できれば、暮らすように旅することもできそうだし、好きなものを好きなだけ食べて、寝たいときに寝たいだけ寝たり、インターネット・時計を一切使用しない期間を設けてみたり、ヨガ三昧の日々や物価の安いアジアでマッサージ三昧の日々を送ったり。。。とにかくのんびりするには仕事を辞めるしかないのだ。大学生の冬休みのとき、妻が休職して僕の部屋に1カ月ほど転がり込んできたことがあるのだけど、妻がうっとりとした顔でその当時を振り返るのをこれまでに何度見てきたことか。ただ、コンビニで体に悪い食べ物を沢山買ってきて、朝までゲームをしたり、本を読んだりするだけの生活だったのに。でも、言われてみると僕らにとって唯一無二の思い出になっている。

また、リタイアして、還暦を迎えた頃に世界中を駆け回る元気が僕たちにあるとは限らない。現に僕の母親は病気もちであり、旅行好きの父はリタイア後、ばあちゃんの介護に追われている。義父と義母はといえば大きな病気を発症したことがある。そういうものは遺伝することも有り得ることを考えると、僕たちには子どもがいない今しかないのだ。

来月、親に直接会う機会があるため、熱意を込めて旅の計画について話したいと思う。心配性の母がどんな顔をするだろう。

カテゴリー: 未分類

1件のコメント

WordPress コメントの投稿者 · 2017年7月26日 1:16 AM

こんにちは、これはコメントです。
コメントの承認、編集、削除を始めるにはダッシュボードの「コメント画面」にアクセスしてください。
コメントのアバターは「Gravatar」から取得されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です