世界一周旅行を妻と計画しはじめた。

最近、仕事を辞めて半年~1年かけて世界一周旅行しよう、ってことで妻と計画し始めた。

とはいっても結婚する前からそれに近い話は出ていたので正確には4年以上前からなのだけど。

出発は約1年後の2018年9月を予定している。しかし、ペットの犬と猫の世話を親が引き受けてくれるか分からないため、もしかしたら、これは計画倒れするかもしれない。

それでも、まるで結婚式に向けて2人で準備しているようなこの期間は楽しいからやめられない。互いの要望が通らずイライラすることもあるが、譲り合って2人の間に着地点が決まる瞬間、僕たちは互いのくるぶしを紐で結び、2人3脚であることを感じる。きっとこの準備期間も必ず僕たちを成長へと向かわせてくれるはずだ。

 

何故そこまで旅をしたいのか。

そんなことを知り合いに聞かれてうまく答えられないことが多いのだけど、考えてみれば簡単な話で、人間だから色んな文化に触れて、壮大な自然を眺めたりしたくなるというだけのことだ。例えば神奈川県内のパッとしない町に住む僕なんかは、休日になると、街なら横浜、海なら湘南、山なら丹沢というプチ旅のスタイルをもっているのだけど、たまには、海がグアムということもある。これは誰もがやっていることだし、人間の本能によるものとしか言いようがない。ただ今回はそのメーターすらも振り切った、というだけの話なのだ。アイスランドとかアフリカ、南米のような遠すぎて行けない場所にも行ってみたい、と。そう、日常の延長線上にある点の話でしかないのだ。

もう一つの理由がある。前者と矛盾するようだけど、「何もしたくない」という体たらくの精神が我々にはそもそも宿っていて、ただ単に何もしたくないのだ。

実は僕らにとって唯一無二の思い出になっている体たらくな過去がある。大学の冬休み期間のことだけど、社会人の妻が試験勉強のため休暇を与えられ僕の部屋に1カ月ほど転がり込んできたのだ。しかし、勉強もせず、ただ単にコンビニで体に悪い食べ物を沢山買ってきては食べまくり、目の下にクマをつくるほどにゲームをしたり、本(漫画)を読んだりして、寝たいだけ寝る生活を送った。

今でも彼女はニコニコしながらその当時を振り返る。「あのときが何気に私たちのハイライトだよねえ。。。」と。ハワイ、グアム、タイ、バリ、小笠原など、2人の最高の思い出になった旅などが沢山あるはずなのだが、言われてみると、確かにめちゃくちゃいい思い出なのだ。そして、楽しかった。

要するに僕たちが仕事を辞めてまで旅に出るのは、世界の果てまでいって観光したいけど、体たらく生活も捨てがたい、ということなのだ。

こんな僕たちには朗報だった。最近、旅人の間で話題となっている民泊施設検索サイトairbnb(通称:エアビー)というのがある。人の家や、金持ちが持て余している家に泊まらないかい?っていうやつ。こいつを知ったときは本当に妄想が膨らんだ。4年前は1カ月でヨーロッパ周遊しよう、なんて言っていたのだけど、一気に考え方が変わって期間が長くなりや場所も広がったわけだ。だって、これを利用して、民泊できれば、好きなものを好きなだけ食べて、寝たいだけ寝たり、物価の安い国でマッサージ三昧の日々を送ったりするだけでなく、広大な自然の中に佇む家でインターネットや時計を一切使用しない期間を設けてみたり、ヨガ三昧の日々を送ってみたり、時間をかけて写真撮影をしたり、ジョギング、料理、、、

そう考えるとairbnbのキャッチフレーズにもなっている「暮らすように旅する」ことは僕らの人生にとって極上のハイライトになる気がしてならない。

これが僕たちが旅の計画を立て始めた理由だ。

最後に、なぜタイミングとして35歳の今なのか。ここまでは説明しておきたい。

それは、定年退職して、還暦を過ぎた頃に世界中を駆け回る元気が僕たちにあるとは限らないと考えるからだ。現に僕の母親は病気もちであり、旅行好きだった父はというと定年退職後、すぐに祖父に他界され、祖母の介護に追われている。義父と義母はといえばすでに大きな病気を発症したことがある。そういうものは遺伝することも有り得ることを考えると、僕たちには子どもがいない今しかないのだ。

来月、親に直接会う機会があるため、熱意を込めて旅の計画について話したいと思う。心配性の母がどんな顔をするだろうか。

世界一周旅行を妻と計画しはじめた。」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です