親に世界一周旅行計画を話し、ペットの世話を懇願した結果。

いとこの結婚式のため、田舎の九州へ行ってきた。久しぶりに遠い親族と再会できる場であり、披露宴も御もてなしの連続で大満足だった。

さて、決戦はそのあと。

「ねえ、お父さんお母さん。俺たち仕事辞めてさ、世界一周してくるよー」などと34歳にもなって親に話すのは結構勇気がいるからだ。ペットの世話を依頼する前に、まずそこからという状況だったのだ。


そんなわけで、酒飲みまくった式場からホテルへ帰るバスの中でも何だか目が冴えていた。3,4年も夫婦で楽しみにしてきたことが、親の反応次第で実現するかどうか、かなり左右されるのだ。そんな僕を余所にすぐそばの席に座っている父と母は、最高に楽しんだ、とでも言いたげな顔をしている。

ホテルに着き、部屋に戻ると、さっそく母に電話して、話があるのでそちらの部屋へ向かうことを伝えると、父が部屋に戻るなり散歩に出かけた、ということだったので仕方なく帰りを待つことに。きっと、日頃、祖母の世話でなかなか遠出できないから父も余所の街を歩くのが楽しいのだろう。疲れ切っているはずなのに相変わらず旅好きだな、と感心。ちなみに実家があるのは宮崎の山と海に取り囲まれたちっぽけな街であり、ここは九州の玄関口、小倉。父がどんな顔して散歩しているのかを想像したら、何故かほんの少しだけイケる気がしてきた。

やがて父からの電話が鳴る。前の記事にも書いたけど、旅の目的と年齢制限に関してはしっかりアピールするつもりでいた。そう、まるで就職面接を受けるかのような気分だったのだ。そして、ペットとその世話をするであろう僕の両親、この両者のストレスが最も少なくて済むように妻と考えた世話の仕方、理想の飼育環境、またそれに必要な物や諸経費を全て準備する予定でいることを伝えなければいけなかった。他にも、旅から戻ったら何処でどういった仕事を考えているかなど、出鱈目でもいいから聞かれそうなことには答えられるようにしておく必要があった。そんなわけでしばらく頭の中を整理してから部屋を出た。



ドアを開けると、父も母もラフな姿になっていたが、どことなく緊張している。まあ、そりゃそうだろう。突然すぎて、妊娠したよ、とか、子どもは作らないことにしたよ、とか34歳の夫婦からなら何を言われるか分からない。僕らはツインベッドのうちの父母が座っていない方のベッドに腰かけた。

「実は来年の夏で仕事辞めて、2人で世界中を旅しようと思っちょっとよ。」

さっそくストレートに話すと、一瞬の間ができた。驚いたのだろうけど、さっきシミュレーションしていたことで頭の中が整理されていて、冷静に話すべきことを吐き出すことができた。

気がつくと、父はベッドに横たわりながら僕らの話に聞き入り、ニコニコしている。

「へえ、移動ばっかりにならんごつ旅するとねえ。いいね~。今のうちやと思うど。お父さんたちの歳になってからじゃ何もできんから2人の夢を叶えると良いが。」

父はそう言って、我が家のワンとニャンの世話についても一切首を振ることはなく、

「世話はしてやっちゃが。いっちゃがいっちゃが。」と、ツルッ禿げに近いヘアスタイルながらイケメンぶりを発揮してくれた。

だが、母の反応は少し違っていた。屋内で犬猫の飼育経験がないことを懸念して難色を示したのだ。だが旅に対して否定的な様子は全くなく、説明に説明を重ねると、最終的には安心したようだ。

「じゃあ、チャッピーちゃん(犬)たちに何かあったら、帰ってきてくれるっちゃね?」

「もちろん。旅中も連絡が簡単に取れるようにするつもりよ。」

「そうかそうか。なら安心やね。」

笑顔を見せてくれた。ただ、僕たちが旅に対する不安をもつのと同じで、母も突然に生活が変化することをリアルに想像したようで説得には少し時間がかかった。それも僕らやペットを大事にしてくれる気持ちが深いからこそのものだったと思う。理解のある両親に本当に本当に感謝する他ない。単なる先入観だが、家族の理解を得られぬままに家を出る旅人も世の中には多いはずだ。親に恵まれたことを本当に感謝したい。

その後、僕ら夫婦は2人で夜の街へ繰り出し、あてもなく小倉を散歩した。九州らしく夜の暑さがTシャツで心地よかった。途中、屋台の信じられないほど臭みの強い豚骨スープに誘われ、我慢ならず着席。勝利の1杯を注文して、ガツガツ食らった。34歳だからこそ人生を変える超おもしろい計画を立てたい、と躍起になっていた。

↓旅のやる気スイッチです。設置以来おかげさまで好調です!感謝いたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です